SSブログ

仲間を探しています。 [社長の時間]

まるでロールプレイングゲームのようですね(笑)
人生は長いようで短い旅(または冒険)ですから、どうしてもちょっと似てしまいます。
リニューアルした我らが会社、ネビュラエンタープライズでは
今年も来年春入社の社員を募集することになりました。
「あら?演劇界隈はコロナの影響もう解決したの?」と思われるかも知れませんが、
まっっっったくそんなことはありません。今も大嵐の真っただ中です。

どうにか立ち直ろうとしている舞台芸術業界へ一心に寄り添いながら、
多くのスタッフの生活を守るため、会社を死守しなければなりません。
融資、助成金、給付金フル活用で、なんとか生きのびている状態です。

そんな状態だからといって、むしろそんな状態だからこそ、
今日明日のことだけを考えて、深刻な顔をしたり、落ち込んだり、寝込んだり、
そんなことをしている場合ではない、と心から思うのです。


DSC_3992.jpg
▲本社ビル2階をリニューアルして作った「時々海風が吹くスタジオ」。



105705416_1890404954416474_6838115195428885378_n.png
▲観劇の機会が減ってしまった今こそ、作品の世界観が詰まったチラシを自宅へ、との想いで始めた
演劇チラシの宅配サービス「おちらしさん」。



「会社の将来のために常に新しい仲間を求め続ける」

コレ、僕のなかでは鉄板です。
会社は人が集まって日々アメーバのように変形していきます。
「安定」を装って会社が硬直化を始めると、その部分が途端に壊死します。

まるで演劇のようです。

演劇も毎日の稽古や本番で、同じ作品だからといって同じことを始めると、
あっという間に腐っていきます。それととても似ています。
似るのも当然。
ネビュラエンタープライズは、会社の営みそのものがひとつの作品づくりであり、
さらに、「舞台芸術文化」という、ある種のものづくりの一端を担っているのですから。


自分自身のやりがい、生きがいに敏感で、
冒険するように常に楽しみを探しながら仕事ができる、
そんな仲間を探しています。

採用の詳細はこちらをご覧ください。
https://nevula-prise.co.jp/recruit



以下、新しく作ったコーポレートサイトに掲載しているメッセージです。

--------------------------------------------------------------------------------


「劇場」。 それは暮らしの延長線上にある非日常空間です。
溢れんばかりの魅力で観客を惹きつける俳優やアーティスト、
笑顔でお客さんをおもてなしする運営スタッフ、
多彩な音響や照明、人々の拍手と歓声、
劇場には日常の時間を忘れさせる要素がいっぱいあります。
しかし、日常を忘れるのは飽くまでも観客の皆さんであり、
多くの観客に非日常の時間を楽しんでもらうため、そこに集うスタッフは、
作品づくりや公演の運営のために、時に寝食を忘れるほどに魂を削ります。
それが舞台芸術に携わる人々の当たり前の日常です。

皆さんが舞台の魅力を知ったきっかけは、観客として作品を鑑賞した場合がほとんどだと思います。
その観客の立場から、舞台芸術業界の一人になるということは、
愛すべき非日常の時間が、血の滲むような努力が連続する日常に変わるということでもあります。
これは、想像しようにもなかなか難しいことかも知れません。
それほどまでに、かつて皆さんが観客の立場で感じた感動は、
並大抵の努力で生まれてきたものではなかったということです。

ネビュラエンタープライズは、そうした公演団体やアーティストの皆さんのパートナーとして、
舞台芸術の魅力を社会に広め、心豊かな社会づくりを目指す会社です。
俳優やアーティストの皆さんにできること、劇団や公演団体にできること、
そして、私たちのように舞台作品を創作しない会社だからこそできること、
それらが星雲(ネビュラ)のように集合した時に生まれる大いなる力が、
私たちを人が集う幸せに溢れた未知に連れていってくれるはずです。

作品の世界を創りあげる表現者のフィールドはそれぞれの舞台ですが、
私たちのフィールドは舞台芸術業界全体であり、社会全体です。
その途方もなく大きなフィールドで、皆さんはどのような自己実現を目指しますか?
私たちが立つ広大な舞台で終わりなき理想を追い続けるには、色褪せない冒険心を携えた仲間が必要です。
私たちはそうした仲間を常に探しています。


株式会社ネビュラエンタープライズ
代表取締役 緑川憲仁


nice!(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

Facebook コメント