SSブログ

今月のお題「〇〇を山に例えたら」 [きゅ~め~る今月のお題]

いよいよ山開きのシーズンです。
毎月9日の劇団メルマガ配信日にやってくるお題ブログ、
今月のお題は、なぜか劇団メンバーを山に例えることになりました。
先月はアイスで、今月は山です。まったく何の意味もありません。
大変くだらない記事です。
そして僕が書くのは……また敷名めぐみです(笑)



人を山に例えるって、生まれて初めての経験かも知れません。
山も個性がさまざまです。
霊峰と呼ばれるように、山によっては神の存在でもありますね。



うーーーーん、敷名めぐみか…………。


まずは山の「なまえ」で攻めてみましょうか。

敷名めぐみ→「恵」。
「恵」といえば、函館の活火山「恵山(えさん)」ですな。

でも、火山なので山容はとてもゴツイです。

089DE61052614443B15C9353AFDF15E0_LL.jpg


th_IMG_1756.jpg

ちょっと敷名めぐみのこんなイメージとは離れている感じがしますね。
それでは、名前よりも他の要素で攻めてみましょう。





出身地ならどうでしょうか、広島出身の敷名めぐみ。
地元なら彼女に似つかわしい山があるかも知れません。

広島といえばやはり「安芸の宮島」。
子供のころは「秋の宮島」だと思っていました。

宮島こと厳島には弥山(みせん)という山がありますね。
古くから信仰の対象だった弥山は、今でも多くの人が訪れるパワースポット。

IMG_9685.jpg

やはり神が宿る山に相応しい姿をしています。


th_IMG_1756.jpg

やっぱりだいぶ敷名めぐみとは違う感じがします。




んん?この敷名めぐみの後ろに写っている山はなんだ!?
もろにキャラ被りしている山があるじゃないか。。



というわけで調べました。

この撮影地は香川県、ことでんの羽床(はゆか)駅。
後ろの山は羽床富士と呼ばれる標高201mの堤山(つつみやま)。
香川県には似たようなかたちの山がいくつもあって、
電車や車で移動していると
まるで分身の術のように、同じような山が次々と現れます。

なんだか定番の流れになってしまいましたが、
敷名めぐみを山に例えると、香川県のおむすび山のひとつ「堤山」で決まりです!!!

とうふのかど

SANY0803.JPG

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

Facebook コメント